<< Châteauneuf-du-Pap(シャトーヌフ・デュ・パプ)  | main | Le verger des papes + Châteauneuf-du-Pap + >>

CHATEAUNEFU-DU-PAPE + DOMAINE JEAN DEYDIER & FILS +

DSC03948.jpg


地方:コート・デュ・ローヌ 
アペラシオン:シャトーヌフ・デュ・パプ
品種:グルナッシュブラン35%、ブールブラン35%、クラレット30%
Vintage:2110年

シャトーヌフ・デュ・パプ = 赤という印象ですよね!
私も当然 ”赤” と思っていましたが、
年々、白の生産量は増加しているそうです。
とはいえ、白ワインはAOC全体の僅か7%に過ぎない様です。

シャトーヌフ・デュ・パプの畑の特徴は、ローヌ河から運ばれて来た
”ガレ” と呼ばれる大きな丸石が沢山転がっている事です。
この石が日中の太陽熱を蓄え、夜にカイロの役割をすることで
ぶどうの熟成を手伝っているのです。

そんな訳で・・・
フルボディでミネラリー、パイナップルの様な南国のフルーツの香
そして蜂蜜の風味と香があります。
生産者によっては10年以上寝かす事の出来る長期熟成ワインだったりもするそうです。
たいていは3、4年が飲み頃だそうです。

シャトーヌフ・デュ・パプでは法律で13種類もの品種の使用が許されています。

黒ぶどう品種:グルナッシュ、シラー、ムールヴェドル、ピクプール、サンソー
       テレ・ノワール、クルワーズ、マスカディン、ヴァカレーズ、
白ぶどう品種:ピカルディン、グルナッシュ・ブラン、クラレット、ルーサンヌ、
       ブールブラン

上記の品種から最大13品種まで使用は認められているものの
実際は3〜4品種を使用し生産している様です。


ちなみに赤は「Le verger des papes」のワインを頂きました。

DSC03976.jpg

こうやって日記にする事によって、ワインの知識が少しづつ
増えていきそうです(^^)
書いてすぐに忘れては意味ないんですけどね〜!!!



 


 


| ワイン+Côtes du Rhône+ | 13:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment









Trackback
url: http://viaalfani3.jugem.jp/trackback/136

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM