Florilege(フロリレージュ)  + 青山 +

  
                                                                                                               撮影:iPhone

                                                                                                                            
ここ数ヶ月、ちょっと話題のレストラン巡りをしていました。
どちらもとても素敵なレストランでした。
でも一番のお気に入りはコチラ↓です。
                                                                 
なかなか予約が取れずにいましたが、やっと念願叶いフロリレージュに行って来ました^^
カンテサンスのスーシェフをされていらした ”川手シェフ” のお店です。
マネージャーをされている近藤氏も、カンテサンスでソムリエをされていたそうです。

それ自体がライティングになってる、サービングカウンターがとても素敵で、
ブラックタイルが印象的な、とてもシックな店内です。

スタッフの皆さんはとても気さくで、お料理やワインのお話も楽しく
大変気持ちの良い接客です(^^)

お料理はどれも繊細で上品で楽しくて、見た目もお味も最高です。
見ていて、口に含んで、すごく幸せな気分になります。

最近、美味しくて素敵なレストランって沢山ありますが、「また行きたいな!」って
思えるお店ってなかな無いですよね!
やはり、美味しいだけでなく、お店の雰囲気やスタッフの方々のお人柄なども
すごく重要な要素になりますね。
居心地が良く、気持ちよい時間が過ごせると嬉しいですね^^

フロリレージュはすっかりお気に入りのレストランになりました。
「また行きたいな〜!」って思ってしまいました(*0*)
しっかり次回の予約を入れちゃいました^^




 
| 味覚を磨くRistrante | 15:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

LA BASTIDE DE MOUSTIERS 4 + Moustiers-Sainte Marie +

DSC04163.JPG

楽しみにしていたDinner!
夏のヨーロッパは夜9時時近くまで明るいので
テラスで夕焼けを楽しみながらのDinnerが最高です。

DSC04165.JPG

勿論、室内にもテーブルがありますが、この時期、全てのお客様がテラス席に座られます。
ムスティエ焼きのお皿の絵柄は様々・・・
私はロバさんのプレートでした。


DSC04181.JPG


プロヴァンスはなんといってもお野菜がとっても美味しい!
太陽の光を燦々と浴びて育つので、新鮮で、味が濃くて・・・

DSC04183.JPG

ここの菜園で作られたお野菜なので、もぎ立て、採れたてお野菜です。
有り難く大切に頂きました。

DSC04193.JPG

お野菜をふんだんに使い、お野菜本来の味を生かしたお料理が中心です。


DSC04192.JPG

「人参ってこんな味だったけっ!!」なんて感動しながら頂きました。

DSC04198.JPG

年間通して温暖な南仏では、フレンチでもすごーく軽いのです!
どっしり重めのクラシックなフレンチも良いですが
私は南仏の軽めなフレンチが大好き!

DSC04206.JPG

食後のチーズにびっくり!こんなに沢山のチーズ!
地方特有のチーズなどもあり、別腹でしっかり頂きました。

DSC04209.JPG

自然溢れる緑の中、美味しい空気と、美味しいお料理、美味しいワイン・・・
「う〜ん幸せ!!!」
ムスティエの夜を堪能しました(^^)





| 味覚を磨くRistrante | 12:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Le verger des papes + Châteauneuf-du-Pap +

DSC03952.JPG


村の高台に素敵なレストラン発見しました。「Le veger des papes」
ガーデン席からは葡萄畑を一望できます。



テラスは満席!皆さんワインと美味しいお料理を存分に楽しんでいる様子でした。
私たちも「せっかく来たのだから・・・」と
シャトーヌフ・ドュ・パプ 赤、白と両方頂きました。


蝉の声を聞きながら、丘の上に吹く気持ちのよい風をうけ
美味しいワインと美味しいお料理・・・
気がつくと3時間も長居していました。
あんなに沢山のお客様、だーれも居なくなりました。

DSC03975.JPG

この後、まだまだロングドライブの予定・・・
大丈夫なのか?と不安を抱きながら出発しました。(汗)





| 味覚を磨くRistrante | 16:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Maison Pic + Le Restaurant Pic 2 +

DSC03898.jpg

テーブルへと案内され席に着くと、美しく輝くシャンデリア。
ちょうど席に座った時の目線の高さに吊るされています。
照明としてだけではなく、鑑賞の為に飾られているのです。
どこのテーブルからも、この美しいシャンデリアを眺めることができます。
バカラのシャンデリアと思われます。


DSC03850.JPG

テーブルセッティングも実にムーディーです。
シックで大人な演出でした。グラスは全てバカラです。

私、グラスや食器、カトラリーが大好きなので
何処のレストランでもとても興味深くチェックしてしまいます。
ちなみに、バターナイフとお食事用のナイフはラギオールで
Picのネーム入りのものでした。
セッティング時に置かれているブラックのプレート、
中心がこんもりと盛り上がっているのですが
このプレートはただのオブジェの様でした。
(Paris のプランタンで売ってました。)



DSC03861.JPG

さてさて、肝心のお食事ですが・・・
店内はかなり暗めな照明なので、どれもブレブレピンぼけで・・・
しかも7月始めの事で、大分忘れています。

DSC03889.jpg

どのお料理もとても繊細で、女性ならではの気の利いたニュアンスが
織り込まれていた様に覚えています。

一番記憶に残ったのは、確かデザート。
「今までの人生で一番美味しかった!」と騒いでいました。

お料理はさることながら、店内の雰囲気がとてもシックで素敵でした。
Le Restaurant Pic に世界各国から多くの人がやってくるのも納得です。


| 味覚を磨くRistrante | 23:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Maison Pic + Le Restaurant Pic 1 +

DSC03824.jpg

楽しみにしていたLe Restaurant Picでのディナー。

レストランのエントランスを入るとまず目につくのが
ミシュランガイドの素晴らしいコレクション。
100年の歴史の重さを感じます。
100年変わらぬ場所で、星を確保しつつレストラン経営するのって
とても難しい事ですよね!
素晴らしい・・・


DSC03911.JPG

そして、ミシュランコレクションの向こうには3代のシェフの写真。


DSC03844.JPG

テーブル席までのアプローチには数カ所のスペースがあり
サロンになっていたり、Pic家の歴史を語る写真や
歴代シェフの手書きレシピなどが展示されています。

ワクワク気分を高めながらテーブル席へと進みました。




DSC03917.JPG

※夜になると、シーンと静まりかえった道路に「Pic」のネオンなんとも印象的でした。
| 味覚を磨くRistrante | 14:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Maison Pic + Bistro Le7 +

DSC03803.JPG

Maison Pic内にあるのカジュアルなBistro「Le 7」
店内は赤を基調にちょっとポップで可愛らしいビストロです。
ご近所の食通方々でしょうか?ちょうどお昼時とあって満席!
予約無しでは無理の様です。


DSC03806.JPG


メニューを理解するのに一苦労。
なんとかシャンパン、ワイン・・・そしてお料理を注文!
他のテーブルに運ばれるお料理を覗いては
「あ〜 あれが良かった!!」とつぶやく私・・・


DSC03814.JPG

なんせもう3ヶ月近く前の事なので、メニューをよく覚えていませんが
一番美味しく感動し、記憶に良く残っているの一品はがコチラ↑
ハモンセラーノベジョーダとスイカとメロンのスープ。
スープの中に、はまん丸にくり抜いたスイカとメロンの果肉が入っていました。
このお料理、ベジョーダとスープを別々に食すのではなく
ベジョーダを口に入れたらすぐにスープを飲みます。
すると、すると・・・そうなんです。””生ハムメロン””になるんです。
まーこの一品は調理力というよりアイディア力と素材力ですかね(^0^)




| 味覚を磨くRistrante | 12:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Maison Pic + Valence +

DSC03820.JPG


すっかりさぼっていたブログ・・・
夏のヴァカンスで、フランスローヌ地方を巡ったので
少しずつ想い出しながら綴ります。


Maison Pic(メゾンピック)はLyon(リヨン)から100kmほどにある
南仏Valence(ヴァランス)という街にあります。
祖父の代から100年以上続く名門レストラン。
祖父は1934年に、父は1973年にそれぞれ三ツ星を獲得している。
そして1992年からお父様にかわりレストランを引き継いだ
アンヌ・ソフー・ピックは2007年版ミシュランで三ツ星を獲得しました。
女性の三ツ星シェフは史上4人目、56年ぶりだそうです。

Maison Picでは、Relais & Chateauxの四ツ星ホテルに宿泊することができ
レストラン 「 Pic 」の他、ビストロ「 Le 7 」も楽しめます。
 

| 味覚を磨くRistrante | 00:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

ボルドー紀行  + ビストロ L'envers du deco +

 r2.jpg


ホテルの近くにあったビストロ『 L'envers du deco 』に行ってみました。
店内に入ると奥に広々とした中庭があります。



r1.jpg

店内はがらがら、皆さん中庭でお食事しています。
ヨローッパの人々って本当にテラスが大好きですよね!

こちらのお店はワインの種類が豊富なのは勿論
グラスワインの種類も豊富なのが嬉しいです。
せっかくだから色々なボルドーワイン頂きたいですよね!

シャトースータールChateau Soutard のオーナーComte des Lignerisが
経営しているそうです。納得!!!


r3.jpg

フォアグラや鴨を使ったボルドー料理が楽しめます。

おすすめは、鴨肉を蜂蜜のソースで頂くMagre de canard au miel.
柔らかいかも肉が甘い蜂蜜ソースと絶妙な美味しさです。

私が頂いたのはオマール。

r4.jpg

こちらもとても美味しかったです!!

どちらも多すぎるほどの量でしたが、お値段は確か15ユーロ位だったかな??
¥2,000しないのですよ!お安いです!


r5.jpg

コーヒーを注文すすと、ボルドー名物カヌレとマダムブランシェのマカロンがついてきます。
こんなちょっとしたサービスが嬉しいですね!


夜になると観光客もめっきり減って、静かなサンテミリオンの街。


r7.jpg


夜景もなかなか情緒があって素敵です。

r6.jpg

たった1泊のサンテミリオンでしたが、この街気にいちゃった。
今度はプレザンスのレストランで食事したいな〜!!
それから・・・もっと色々なシャトービジットしたいなっ。
試飲メインでね(笑)


| 味覚を磨くRistrante | 11:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

ボルドー紀行  + プレザンスの朝食 +

p3.jpg


プレザンスのレストランは2つ星
フィリップ エチュベスト氏の洗練されたお料理を堪能する事ができますが
残念ながら私たちの滞在日はレストランがお休み(ガーン。。。)

朝食も大変定評があると聞いていたので、はりきっって頂く事にしました。
とにかくたっぷりの量にびっくりしました。
まず、パンは5種類
バゲッド、カンパーニュ、パンオショコラ、クロワッサン、レーズンパン


4.jpg

生ハムにサラミにチーズ。。。



p4.jpg

そしてパウンドケーキとエッグタルト風ダークチェリーケーキ(これ美味しかった!!)



p5.jpg

6種類のプチスイーツ
内容はえっとーえっとー、プリンやらババロアやらなんだかよく覚えていませんが
とにかく色々(笑)



1.jpg

4種類のコンフィチュール


この他にヨーグルトと絞り立てオレンジジュース。


p2.jpg

二人とも気合いを入れて食べましたが、食べても食べても減りません。
あまりにも盛りだくさんで。。。


2.jpg

お腹いっぱいで笑えて来てしまって。。。
流石にパン好きの私でも完食は不可能。
すごーくもったいないけれど、パンの大半も残しました。(残してゴメンナサイ)

ネプチューンの歌に
♫ にっぽんじんは胃腸が弱い ♫という歌詞があるけれど
確かに欧米人に比べ胃腸弱いですよね?!
しかも私、ここ1年慢性胃炎を患っていて。。。

何でも沢山食べられる強い胃腸になりたい!!!


| 味覚を磨くRistrante | 19:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Bistrot + Paris Sep/2009 +




大好きなサンジェルマン・デ・プレをブラブラとお散歩していて
ちょっと小粋なBistrotを見つけました。
「La Boussole」 (意:コンパス)

気取りなく、さりげないおもてなしで、気軽にレンチを楽しめるビストロです。

お料理はどれも、カジュアルなながらしっかりとフレンチのスパイスが効いています。





 ■サーモンタルタル
サーモンの下にはリンゴのスライス。
リンゴの香りがサーモンをより一層美味しくしてくれます。






■ 鴨のポアレ オレンジソース
(私のオーダー)
やっぱり鴨とオレンジって最高の取り合わせですよね!
ソースはコクがあて、でいてさわやか!
鴨はとってもジューシーでやわらかーい!!!






■ 牛肉の赤ワイン煮
(主人のオーダー)

これもフレンチの定番メニューですよね!
主人はコレ系の赤ワイン煮が大好きです。
ワインの芳醇な香りたっぷり。美味しいに決まってます!







■フルーツグラタンのココナッツアイス添え

マンゴー・キュウイ・メロンにフルーツソースたっぷりの
温かフルーツグラタンにこってりココナッツアイス!
見ての通り、とっても美味しかったですよ!!



以前は、有名店や☆のあるレストランを予約して
昼・夜とも気張ってフルコースを頂くことが多かったのです。
だって、行きたいレストランが沢山あるんです・・・・・・
ついつい欲張ってしまうんです・・・・・・

旅行先だと限られた日数で、限られた回数しかお食事ができないので
毎食、毎食頑張ってお食事をしてしまうんです。


でも、朝・昼・晩の3食で、常にお腹いっぱい状態!
お3時のスイーツや、お散歩で見つけた美味しいそうなおやつ等
間食をする余裕がまったくなかったのです。

ということで、最近は頑張り過ぎない食事をするようにしています!!

この日も、前菜はとデザートは主人とシェアし
その他、それぞれにメイン料理、こんな注文の仕方です。

実際、最近のフランス人って、そんなにしっかり注文しないんですよ!!
ランチは、「タルタルとバゲット」なんて感じで軽めにしています!


カジュアルでリーズナブルなお店って、なかなか面白いし美味しいのですよね!!
でも、たまには、☆のついてるレストランでのフルコースもいいですよね!!!










| 味覚を磨くRistrante | 00:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM