ボジョレー・ヌーボー 2011



今年もやってきました、11月第三木曜日^^
ボジョレー・ヌーボー解禁日!

ボジョレー・ヌーボー解禁がこんなに騒がれるのは、おそらく日本だけだと思いますが
そんな日本もここ数年、なんだかあまりパッとしないですよね。
でも、まーお祭りみたいなものだから・・・

例年の様に、今年も飲んじゃった〜(^^)
最近、カベルネやピノなど品種を良く飲むせいか
ボジョレー・ヌーボーのガメって、やっぱり味に奥行きが感じられないですね!
でも、フルーティーで軽やかで、これはこれでアリなのかな?






| ワイン+Bourgogne+ | 21:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

ボジョレーがなぜかマッコリに?

bo.jpg


解禁日当日、西麻布にある某店で開かれる『ボジョレー・ヌーボーParty』にて
知人がチェロを演奏すると言うので友人夫婦と行ってみる事に!

が、しかし、店内は凄い人!大混雑で座れない!ゆっくり話も出来ない!
ほんの10分でギブアップ(汗)
気づいたら焼き肉屋でマッコリ飲んでました(笑)
あれ〜〜〜

4人で熱いトーク!手酌でマッコリ飲む友人。
翌日は二日酔いだったららしいです。


ボジョレー何処????

という事で、翌々日自宅にてリベンジ!

『50年に一度の・・・』というコピーがついて回った昨年。
そんな翌年ってどうなんだろう???と思いきや・・・
昨年の『しっかりパワフル』とは異なりますが『さわやかでバランス良し』でしたよ!!

マッコリの飲み過ぎには気をつけましょう!




| ワイン+Bourgogne+ | 13:39 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

Beaujolais Nouveau 2009




今年もやってきました、11月第三木曜日!!! 

『流行りモノ好きのお金持ちが飲むもの』
というイメージはすっかり過去のものとなりましたが、
自分の舌で評価まで下せる人はまだまだ少ないでしょうね。。。


現地フランスのボジョレーワイン委員会によれば
”09年のボジョレー・ヌーヴォーは、 『並外れた年』 と言われた
03年と05年をも越えるであろう”””
という話らしいです。

ここ15年で最高の賛辞は、03年の「100年に1度」だそうですが
今年はついに禁断とも言える「03年越え」が登場とのこと???


私も残念ながら ””自分の下で評価までくだせる人””ではないので
今年の”デキ”については ”ノーコメント!!”にしておきますね(笑)!!!

評価はどうあれ、毎年こうして
”" 最愛の人と一緒にボジョレー・ヌーボーを楽しめること "”
に感謝したいですね!!





| ワイン+Bourgogne+ | 19:17 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

2008 ボジョレーヌーボー

 


今年もやってきました、【11月20日ジョレー解禁日】



今年は【タイユヴァンのPremium Reserve】と【ドミニク・ローランのCuve Speciale】
そして、毎年必ず注文をする、【ドメーニュ・シャサーニュ】の3種類となりました。

【タイユヴァン Premium Reserve】もなかなかでしたが
やっぱり、果樹味溢れベリーの香り高い、【ドメーニュ・シャサーニュ】が大好きです!!




ボジョレーヌーボーのお共にこちら・・・・・・





鮑ステーキとなりました。




| ワイン+Bourgogne+ | 12:40 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

美味しいワイン・・・



+Les Comptoirs de la Tour d'Argent+
レ・コントアール・ド・ラ・トゥールダルジャン


数ヶ月前から気になっていた場所・・・・・
一ヶ月ほど前、ちょっと寄ってみて
ソムリエの方にお薦めいただいたワインを2本購入しました。
1本は¥10,000ほどのブルゴーニュの赤ワイン
もう一本は¥2,800円の白ワイン "ムスカデ"
この白ワインリーズナブルなのにとても美味しくて・・・・・・
コストパフォーマンスの大変良いワインだったのです。

昨日、再びこのワインを購入しに行ってまいりました!!


ここは、昨年12月にオープンした『レ・コントアール・ド・ラ・トゥールダルジャン』
パリの名店『ラ・トゥールダルジャン』の日本初のフラッグシップ・ブティックです!
上質とモダンを兼ね備えたスタイルで、
ブランドが追求し続けてきた”最上のホスピタリティー・食・ワイン”の3つ
すべてを体現したブティックです。

2階にある
“Les Cave de la Tour d’Argent(レ・カーブ・ド・ラ・トゥールダルジャン)”では
1万本以上のワインを保有。
ワインのセレクションについては、Tour d’Argent本店が常に監修し、
Tour d’Argentが長年培ったワイナリーとの関係や
見識が十分に活かされたラインナップになっているそうです。

ワインの好みなどをお伝えすると
ソムリエの方が色々なセレクトを提案してくださいます。
¥2,000台のテーブルワインからビンテージワインまで価格帯も豊富。
そしてなんといっても嬉しいのは
最上のホスピタリティーを提供してくださることです。


また、厳選されたクッキー、紅茶、ジャム、チョコレート等
そして、ワインやファインフードなどを楽しめるサロンもあり
上質でゆっくりとした時間が楽しめます。


この日は白ワインを2本、赤ワインを2本の計4本購入です!!
それぞれの個性有る味わいを楽しめるのかな??



| ワイン+Bourgogne+ | 16:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM