La Coquillade  + gargas +

DSC04321.JPG

夏の南仏の記事、まだまだ終わっていなくて(--;)
もうしばらく続きます。


ヴァランス  →  シャトーヌフ・ドゥ・パプ  →  サントマリー  →  マルセイユ
そしてここ、ガルガスまでやってきました。

La Coquillade は南仏の小さな村の外れ、ラヴェンダー畑に囲まれ素晴らしいロケーションにあります。

DSC04324.JPG

門を入ると、一面は葡萄畑、太陽に向かって真っすぐに伸びた糸杉が道案内してくれます。

DSC04360.JPG

サイトを見て一目惚れした素敵なホテルです。
DSC04330.JPG


DSC04338.JPG

この後も
室内編、レストラン編とまだまだ続きます。





| Hotels | 14:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

LA BASTIDE DE MOUSTIERS 5 + Moustiers-Sainte Marie +

DSC04241.jpg

ムスティエでの朝食です!
時差ぼけもあり6時に起床!ラベンダーの香で目が覚めました。

お庭にテーブルがセッティングされ、好きなお席で朝食が頂けます。
自然いっぱい、澄んだ空気の中頂く朝食は格別ですね(^^)

DSC04255.JPG

TAITUの食器はが可愛らしく、絵柄は様々・・・
カフェオレボウルなんてこんなに大きい!

新鮮なフルーツ、ヨーグルト、自家製コンフィチュール、絞り立てオレンジジュース
そしてバゲットやブリオッシュ!


DSC04265.JPG

卵料理の再度オーダーも出来ます。

スクランブルエッグを注文しましたが、こんなスクランブルエッグ始めて!
フワフワ、しっとり、クリーミー・・・
””デュカスのエスプリここにも!””って感じです。

たった1泊でしたが、なんとも充実。
東京の普段の生活では絶対に味わえない1日でした。

アクセスのとっても悪い場所ですが、苦労しても行く甲斐のある
素晴らしいオーベルジュです。


| Hotels | 12:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

LA BASTIDE DE MOUSTIERS 3 + Moustiers-Sainte Marie +

DSC04278.JPG

(「Dont't disturb!!」ではなく、こんな粋な言葉が書かれていました。
 これもデュカスのエスプリでしょうか・・・)

さてさて、お部屋のお話・・・
こんなに広い敷地のなかに、たった12室の客室しか存在しません。
予約は数ヶ月前に埋まります。


DSC04136.JPG

今回私が宿泊したのは、3番目のカテゴリーのお部屋。
もう一つ上のカテゴリーのお部屋が希望でしたが、あいにく満室で
予約が取れませんでした。
客室には4つのカテゴリーがありますが、スイートのお部屋から埋まっていきます。

お部屋にはそれぞれ名前がついていて、雰囲気も様々・・・
リピーターも多いので、みなさん希望のお部屋指定で予約される事が多い様です。


DSC04132.jpg

プロバンスの田舎らしい家具やファブリックで、可愛らしいお部屋です。
バスローブやスリッパ、ナイトウェアーもちゃんと用意されていますよ!
アメニティーはロクシタン、そりゃープロヴァンスですからね(^^)

早朝、お庭の木々への水やりの音で目が覚めました。
そして窓からは、ラべンダーの香が・・・
なんとも幸せな目覚めでした(^^)




| Hotels | 20:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

LA BASTIDE DE MOUSTIERS 2 + Moustiers-Sainte Marie +

DSC04149.jpg

この地に惚れ込んだアラン・デュカスが、17世紀に建てられた農家を買い取り
オープンさせました。

自然溢れる広大な敷地の中には、自家菜園やハーブガーデンもあり、
300種類ものお野菜やハーブを自家栽培しているそうです。
小さな牧場もあり、馬やポニーが気持ち良さそうに食事しています。

DSC04274.JPG

プロヴァンスの太陽の光をふんだんに浴びた野菜達は、みんな元気一杯に育っています。

DSC04157.jpg

青々とした草木の香の中、自然を満喫!!

DSC04176.JPG

プールが温水というのも大変ありがたい!
このあたりは真夏でも朝晩は冷え込みます。

DSC04169.JPG

簡素で田舎風な佇まいでありながら、デュカスのエスプリを感じさせる
素晴らしいオーベルジュです。
某F誌では「天国に一番近い場所」なんて評価されていました(^^)

DSC04160.jpg

レセプションのお姉さんが「自分の家の庭だと思って寛いでね!」
と言ってくれました。
夕暮れの数時間「自分の庭」のつもりで寛ぎました(^^)
それにしても・・・
「天国に一番近い場所」で、ついついPCとiPhone開いちゃう現代人って
困ったものですね〜(汗)




| Hotels | 11:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

LA BASTIDE DE MOUSTIERS 1 + Moustiers-Sainte Marie +

DSC04114.JPG

Avignon(アヴィニョン)から車で約2時間。
プロヴァンス山間の断崖に「フランスの最も美しい村」の一つに登録されている、
小さな村があります。
この村の外れに、アラン・デュカスのオーベルジュがあります。
南仏には、アラン・デュカスのオーベルジュは3件ありますが、
一番はじめにオープンし、唯一レストランに星がついているのが、ここ
 
交通手段は車だけ、しかも高速道路や幹線道路からはほど遠く
ナビや地図を頼りに、迷いながらやっと到着する様な場所です。

 
DSC04126.JPG

真っ青な空に向かって真っすぐに伸びた糸杉。美しいエントランス。
ロングドライブ疲れも忘れドキドキしながら上へ上へと登って行きました。

DSC04172.jpg

静寂のなか、ここでもプロヴァンス名物の蝉の声だけが高らかに聞こえ来ました。


DSC04170.JPG

山々に囲まれ澄んだ空気の中、素敵な滞在になる事間違い無し!
期待大でチェックインしました(^^)



| Hotels | 20:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Maison Pic + Hotel +

DSC03923.JPG

とても心地の良いホテルでした。

DSC03826.JPG

こじんまりとした室内ですが、マテリアルにこだわった壁やカーテン
書斎スペースなどもかっこ良く、コンパクトながらも動線を考慮し
配置された家具がとても素敵でした。

DSC03827.JPG

広めのテラスからは、ビストロLe7 のテラス席が望めました。
街中のホテルでありながらも、緑豊かで光の差し込む心地の良いお部屋でした。

DSC03838.JPG

宿泊客は全てレストランPicのお客様です。
ここ、Valemceの街は観光名所などは特に無く
宿泊客はレストランPicで食事する為だけに、世界各国から訪れます。

DSC03925.JPG


前夜のディナーで少々食べすぎたので
軽い朝食をルームサービスでお願いしました。
メニューに「エクレア」とあったので「エクレア」の注文もしたのですが
「今日はエクレアの用意が無いので、少しお時間は頂きますが
スペシャルなスイーツをお作りします」と言われ
運ばれて来たチョコレートのスイーツが劇的に美味しかった!!!
勿論チョコレートのデニッシュもとても美味しかったです。

Valenceの街ではMaison Picの建物内だけの滞在でしたが
そもそもそれが目的です。
でも近くに少しぐらい観光出来るスポットがあったら良いのにな〜!




| Hotels | 11:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

ボルドー紀行  + ホステルリー ドゥ プレザンス +

 h1.jpg


モノリス教会の横、街の中心の一番眺めの良い断崖に建っています。



h2.jpg


カフェのテラスからの眺めはサンテミリオンいち美しい眺めです。


h3.jpg



5.jpg



h1.jpg


h1.jpg


h5.jpg

ホテルは断崖に建てられたいくつかの建物からなり
客室へのアプローチは、庭を通ったり、テラスを通ったり、エレベターに乗ったりとかなり複雑です。



h4.jpg


三角屋根の緑の小屋はなんとエレベーター!
私たちの部屋へは3つのエレベーターを乗り換えやっと到着。



h6.jpg

部屋の名前は全てブドウの品種の名が付けられています。
私たちの部屋は”シャルドネ”


h10.jpg


古くからの建物を内側だけ改装して建てられているので
どの部屋も窓は小さめで光はあまり入ってきません。
開口部が広く、太陽の光がさんさんと入る部屋が好きな私にとっては
ちょっと暗すぎかな。。。


h8.jpg

ネスプレッソが置かれていたり
アメニティーがクラランスだったりするのはとても嬉しいです。

h9.jpg


h7.jpg


ルレ エ シャトーのホテルなのでサービスも大変良く
大満足な滞在は約束されています。

私はカフェからの眺めが一番気に入りました。


| Hotels | 22:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Hualalai + in the room +

 


お部屋はオーシャンビュー。
すべて2階建てのコテージなので客室は1階と2階がありますが
私たちのお部屋は1階でした。





オールドハワイアンスタイルの落ち着いたお部屋です。
天蓋付きのベットがロマンチックですがマットが異常なくらい柔らかくて・・・・ 
正直、腰痛めます・・・




広々としたバスルームは、窓の向こうにエキゾチックガーデン。
ガーデンにもシャワーが付いていました。



バスソルトやアロマキャンドルも用意されていて
くつろぎのバスタイムを過ごすことができます。
洗面台は2つありましたので喧嘩せずにゆったり使えました。




アメニティーは”ロクシタン”
アフターサンやボディーローションも用意されていて、スキンケアも完璧です。




ラナイの先には芝生が敷き詰められ、ちょっとしたプライベートガーデン。
ここからビーチやプールサイドにアクセスでき、これは1階の得点かな!!!
ここでシャンパン飲んではプールでひと泳ぎ、また戻ってシャンパン・・・
疲れたらベットで休んで・・・なんて具合に楽しめました。




ラナイのチェアーからはこんなにすばらしい眺めです。
そりゃーそりゃー気持ちよくて、シャンパンもススミますよね!

とにかくゆっくりのんびりと時間が過ごせます。

『帰りたくないな・・・』って言葉が自然と出ちゃいます。

| Hotels | 18:18 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

Hualalai

 


Four Seasons Resort Hualalai はハワイ島のコナ・コハラコーストにあります。
『オールドハワイアン』をテーマに造られたリゾートです。

こちらは、白とブルーのカバナが素敵なメインプール。
プールはこのほかちびっこ用や熱帯魚の泳ぐシュノーケル用のプールなど
4つほどのプールがあります。






客室は4つのプールを囲むように配され、コテージ式になっています。






Hualalaiのシンボルツリーの『ビーチツリー』
夕暮れ時にはこのビーチツリーの向こうに日が沈みます。

ビーチツリー前のビーチではカメさんが泳いでいました。
この辺りはカメさんの生息地としても有名で、ビーチで甲羅干しする姿を
見ることもできます。






広い敷地内はハワイ島の自然を生かし、どこもからも素敵な景色を望むことができす。








どこでたたずんでいても美しい景色とゆっくりと流れる時間に自然と癒されます。
敷地内から出ずも飽きずにゆっくりと過ごすことができます。





アメリカ人の選ぶベスト・ハワイ・リゾートは勿論のこと
ベスト全米ビーチリゾートでも2年連続トップというのも納得です。







| Hotels | 15:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Vacanza!!! 




少し早めのVacanza!

七夕の夜 Big island  HAWAII島へと旅立ちました。

Four Seasons Resort   Hualalai で癒されました。

| Hotels | 11:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM